バッティングで右打者がやるべき右腕の使い方!右肘の抜き方を徹底解説!

バッティングで右打者がやるべき右腕の使い方!右肘の抜き方を徹底解説!

以前の記事で『右打者の左腕は自然に使うこと!』を解説しました。それに対して右腕はどうでしょうか?

右打者にとって右腕は、フォワードスイングをさらに加速させる役割があります。フォワードスイングを加速させられば、強い打球が打てることになります。

ポイントは、『右肘の抜き』であり、左腕と異なり意識的に使う必要がります。

この記事では、右打者がやるべき右腕の使い方、左打者がやるべき左腕の使い方について詳しく解説します。

 

Advertisement

右腕の使い方=右肘の抜き方

右肘の抜きとは、フォワードスイングの際に右肘が体を横切ることを言います。右肘の抜きができていないと、手でバットを振り出していることになりますから、手打ちになってしまいます。

右肘の抜き方ですが、バットのヘッドを残しつつ、右肘を先行させるように抜くことがコツになります。

写真①

写真①をご覧下さい。バットのヘッドより右肘が先行している例です。

右肘をバットのヘッドより先に抜くということは、ヘッドが後ろに残っている=溜められていることになります。

すなわち右肘を先に抜くことによりヘッドが溜められて、フォワードスイングをさらに加速させることができるのです。

 

フォワードスイングでは、バットのヘッドより右肘を先行させて抜く!

 

右肘を抜くコツは右手をコックさせること

右打者が右肘を抜く動作を難しいと感じる方も多いと思いますが、コツを覚えれば難しくありませんから安心して下さい。

ポイントは右手をコックさせておくことです。

『コック』とはゴルフでは、よく使われる単語であり、コックの反対語に『アンコック』があります(図1参照)。

『コック』とは親指の方へ手を曲げる動き

『アンコック』とは手刀の方へ手を曲げる動き

 

図1

ヘッドを残した状態で右肘を抜くことは、バットを体に巻きつける動作です。体にバットを巻きつけるには、バットに角度をつける必要がありますが、右手をコックしておけば簡単に実現します

右手をコックしたまま右肘を突き出すように動かせば、ヘッドを残したまま右肘を抜くことができるのです。

その後はヘッドを加速させるために、畳んである右腕を伸ばすように動かし、最後に右手のコックを解除すれば良いのです。

ひとこと

 

最後に右手のコックを解除するとき、絶対に右手をアンコックさせてはいけません。

 

右手をアンコックさせると、インパクトの衝撃を手首で受けてしまい、強い打球が打てなくなります。この詳しい解説は以下の記事にかいてありますので、どうぞご参考に。

 

 

ヘッドを残しつつ右肘を抜くためには、右手をコックさせること!

 

Advertisement

インパクトで両腕を伸ばしきるな!

インパクトの瞬間、両腕が伸びきってはいけません!

インパクトでは右腕を伸ばすことができる余裕が必要で、両腕が伸びきるのはフォロースルーのときなんです。

だからこそ良いフォロースルーは大きく感じるんです。

 

この説明は、上記のリンク記事 インパクトの衝撃に打ち勝つ手首の使い方!簡単にマスターできるコツを徹底図解! で詳しく解説していますが、少しだけ触れておこうと思います。

インパクトの瞬間に両腕を伸ばしてしまうと、右手が『アンコック』してしまい、その結果『インパクトの衝撃に負けやすい打ち方』になるのです。

右手がアンコックしてしまうと手首が支点になってしまい、インパクトの衝撃を手首で受けてしまうことが原因です。

 

理想的な三角形?全然違います!

バッティングの三角形とは、フォワードスイングで作られる両腕と胸を辺とした三角形のことです。

『インパクトの瞬間にこの三角形が出来上がることが理想だ!』と言う人がいますが、全然間違っていますからね!

本来、三角形はフォロースルーのときに出来るものであって、インパクトの瞬間にできるものではないんです。

 

こういった間違った考え方を信じてしまうと、インパクトの瞬間に左腕が伸びるようにしますから、左脇が空いてしまいます。

さらに、その左腕が先に進んでいるため、右腕もそれに合わせるため伸ばし、三角形が完成します。

ところが、このインパクトで右手がアンコックせず打てるポイントなんて、ほとんどありません

 

ちょっとタイミングをずらされたら、右手首をアンコックしてボールとバットの距離を縮めようとするんです。

このように、インパクトの瞬間にバッティングの三角形を作ろうとすると、必然的に右手をアンコックして打つ機会が増えてしまいます。

その結果、強い打球が打てず・変化球にも弱い打者になってしまうのです。

 

まとめ

バッティング議論になると、『右打者にとって大切なのは左腕だ!』とか、反対に『右腕だ!』のような論調になることが多いです。

実際はどちらが大切ということではなく、どちらも役割があり、それぞれ使い方が違うのです。

これまで説明したことを以下にまとめます。

 

  • 右打者は右肘をしっかり抜くこと!
  • 右肘はヘッドより先行させて抜くこと!
  • 右肘を抜くためには右手をコックさせること!
  • 本当の三角形はフォロースルーのときに出来るもの!

 

打撃カテゴリの最新記事