【高校野球】チーム内でスパイクの白・黒は混在してもいいの?サングラスは使用OK?

【高校野球】チーム内でスパイクの白・黒は混在してもいいの?サングラスは使用OK?

高校野球って「厳しい」というイメージがありませんか?

練習しかり、ルールしかり。

と言うわけで、この記事では高校野球用具におけるルールの一部をご紹介したいと思います。

2020年から解禁となった白スパイクについて、

チーム内でスパイクの白・黒は混在してもいいの?

など、素朴な疑問もあると思いますので、参考になれば幸いです。

Advertisement

スパイクカラーの混在について

近年の酷暑を考慮し、2020年から白スパイクが解禁されました。

2020年はさほど売れなかった白スパイクですが、2021年は白スパイクの販売が大幅に増えたそうです。

そこで、

白スパイクを買いたいけど、チームメイトはみんな黒スパイクなんだよな・・・

チーム内でスパイクカラーを統一する必要はあるの?

という疑問が湧きませんか?

実はこれ、ちゃんとルールがあるんですよ。

スパイク

なお、チーム内での甲被カラーのホワイト、ブラックの混在については、2年間(2020 年、2021 年)は可とする(指導者も含めて)。チーム内で統一するか否かについては、2022 年シーズンへ向け2021 年度中に検討することとする。

<引用> 2020年高校野球用具の使用制限

つまり、2021年シーズンまでは個人レベルで自由に白スパイク・黒スパイクを自由に選べるということです。

ただ、ルール的にスパイクカラーを自由に選べると言っても、チーム(学校)によってはスパイクカラーを統一することもありますので注意しましょう。

強豪校・伝統校ほど用具を統一する傾向がありますしね。

まぁ、現実には部を通じてスパイクを購入することも多く、自由に選べるようで選べないケースも多いですけどね。

 

サングラスの使用について

高校球児がサングラスをかけてプレーして良いか

何となくダメなイメージを持つ人が多いと思いますが、実はOKです。ただし、ある条件を伴いますが。

サングラス

  • サングラスを使用する可能性のある時は、試合前(メンバー交換時)に主催者・審判員に申し出て許可を得たものの使用を認めることとする。
  • メガネ枠はブラック、ネイビーまたはグレー(ホワイトは不可)とし、メーカー名はメガネ枠の本来の幅以内とする。グラスの眉間部分へのメーカー名もメガネ枠の本来の幅以内とする。なお、メーカー名はメガネ枠と同色とする。また、著しく反射するレンズのサングラスの使用は認めない。

<引用> 2020年高校野球用具の使用制限

ポイントは「試合前(メンバー交換時)に主催者・審判員に申し出て許可を得たものの使用を認める」でしょうね。

日差しが強いからサングラスを使用したい

と思っても、すんなり許可されるか分かりません。何となく「高校球児に相応しくない」と言われそうですしね。

ただ、レーシック(視力矯正手術)後に眩しく感じることを緩和させるためにサングラスを使用するなら、許可されると思います。

現実的に、大事な大会の前にそんな大手術をするかどうかは疑問ですけどね。

Advertisement

グラブ・ミットのカラー

これは結論から。

グラブ・ミット

<カラー>※投手用・捕手用・野手用 共通

本体カラーは、ブラウン系、オレンジ系、ブラックとする。(指掛けも含む)また使用できるカラーであれば、表部と裏部(平裏)部のカラーが違っていても使用可とする。

<引用> 2020年高校野球用具の使用制限

ちなみに、グラブやミットに名前や番号、その他の文字を表記することは禁止されています。

グラグやミットのカラーと言っても、わざわざ自分で着色する人などいないでしょうし、ほぼ全ての人が市販されているものを購入するはずですから、特に気にする必要はありません。

ただ、私が高校球児の頃は「ブラック」の使用はダメだったんですよね。

黒のミットをどうしても使いたかったので、ブラウン系の中でもダントツに暗いローリングスの「ダークブラウン」をオーダー注文したのは苦い思い出です(価格も高かった)。

ちなみに、そのミットは擦れた箇所の色がただ薄くなるんじゃなく、薄青色になる変わったものだったんですね。

今思えばルール的に大丈夫だったのかと疑問が湧きますが、公式戦で注意されたことはありませんでした。

 

最後に

数多くある野球用具ですが、高校野球では使用制限が多いと感じます。

今でこそ、バッティンググローブやレッグガード・エルボーガードなどは使用を許されていますが、これらは安全性を考慮したもの。

デザイン的には細かい制限があり、野球用具を選ぶ楽しさを奪っていると感じます。

まぁ、緩和するととんでもないデザインやカリーリングの用具をつける選手も出てくるでしょうから、仕方がない面もあるとは思いますが。

とは言え、今だ高校野球ではリストバンド禁止など、厳しすぎる面も感じますけどね。

コラムカテゴリの最新記事