【ランナー1,2塁】レフト前ヒット(センター寄り)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,2塁】レフト前ヒット(センター寄り)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー1,2塁

 レフト前ヒット(センター寄り)

 本塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー1,2塁、レフト前ヒット(センター寄り)

センター寄りの打球の場合、二塁ランナーのホームインを阻止することが難しく、一塁ランナーも三塁進塁を狙うケースも多いです。

それゆえ守備側は、本塁送球と三塁送球に対応しなくてはいけません。

基本的にはショートがカットマンとして入り、レフトからの送球をボールを受けます。素早く本塁に送球しますが、キャッチャーの指示でどこにも投げないということもあります。

無駄な送球を省くことで、一塁ランナーや打者走者の進塁を阻止するためです。

 

ショートが本塁送球する場合、投げる距離が長くなりますので、その間に一塁ランナーや打者走者が進塁を狙ってきます。

キャッチャーは『本塁送球は間に合わない(アウトにできない)』と判断したら、ボールの到着を待たずに、自ら前に出て早めに捕球し、次の送球をしましょう。

 

レフト(打球位置) →  ショート(カットマン) → キャッチャー(本塁)

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

本塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

三塁送球になった場合は、そのカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、野手に送球先を指示しつつ本塁送球に備えます。

カットに入るショート位置がずれていたら修正の指示を出し、カット・ノーカットの指示も出します。

ショートが本塁送球した後、一塁ランナーや打者走者が次の塁に向かい、かつ『本塁送球が間に合わない(アウトにできない)』と判断したら、ボールの到着を待たずに、自ら前に出て早めに捕球し、次の送球をしましょう。

守備図に戻る

ファースト

一塁ベースに入り、打者走者がしっかり一塁ベースを踏んだか確認します。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

カットマンとなり、レフトからの送球に備えます。カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入りましょう。

レフトからの送球を捕球したら、強く低いボールで本塁に送球します。

本塁送球の他に、キャッチャーの指示には『三塁送球』『どこにも投げない』もありますので、しっかり指示を聞いて冷静に対処しましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球を処理します。慌てずに、カットマンであるショートに素早く返球しましょう。

カットマンが捕れない高さに投げないように。

守備図に戻る

センター

まずは打球処理のカバーリングのため、レフト後方に向かいます。

レフトが捕球したら、二塁送球に備えてカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

ライト

二塁送球の場合に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー1,2塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別26パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事