【ランナー二塁】ピッチャーの一発牽制(ショート)と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】ピッチャーの一発牽制(ショート)と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、ショートが二塁ベースカバーに入るピッチャーの一発牽制と、各ポジションのカバーリングについて解説します。

一発牽制とは?

ピッチャーがあえて二塁ランナーを見ず、キャッチャーのサインが出た瞬間に素早く投げる牽制球のことです。

二塁ランナーをアウトにしやすく、かつ三盗を未然に防ぐことのできる効果的な牽制球ですので、是非マスターして頂きたいプレーです。

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、ピッチャーの一発牽制(ショート)

ショートが入る一発牽制の手順は以下のようになります。

 

ショートが入る一発牽制手順
  • ショート(またはセカンド)がブロックサインで一発牽制を示唆
  • チームによってはショートのサインを受けたキャッチャーが、ブロックサインで野手に一発牽制を示唆
  • ピッチャーはあえて二塁ランナーを見ず、キャッチャーのサインを見る
  • 二塁ランナーを油断させるため、セカンドはあえて緩慢な動きをする
  • ショートが二塁ベースカバーに入るため動き出す
  • キャッチャーがタイミングを合わせ、ピッチャーに牽制球を投げるサインを送る
  • ピッチャーはキャッチャーのサインが出た瞬間、二塁へ素早く牽制球を投げる

このように、セカンド・ショート・ピッチャーがそれぞれ二塁ランナーを油断させるような動きをし、一発目のベースカバーでアウトにしようとするプレーが一発牽制の特徴です。

一般的に、二塁ランナーは目でピッチャーとセカンドの動きを把握し、耳でベースコーチの声と足音を聞いてショートの動きを把握します。

それ故、ショートが素早い動きに対し、二塁ランナーの反応は遅れがちとなりますからアウトにし易いのです。

 

一発牽制の効果は更にあります。

仮に二塁ランナーをアウトにできなくても、相手チームに『一発牽制がある』と思わせるだけで、セカンドやショートのベースカバーにランナーが反応せざるを得なくなります。

この結果、二塁ランナーに大きなリードを取らせず、未然に三盗を防ぐ効果もあるのです。

勝負所のピンチで使っても良いですし、後々の展開を有利に進めるために、あえて試合序盤で使ってもよいでしょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

あえて二塁ランナーを見ず油断させましょう。キャッチャーからサインが出たら、素早く牽制球を投げます。

守備図に戻る

キャッチャー

ショートが動き出したら、タイミングを合わせピッチャーにサインを送ります。サインはミットを少し下げる、などタイムラグが発生しない単純なものが良いです。

牽制球の後、ショートからピッチャーへの返球が悪送球になった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

ファースト

二塁ランナーが飛び出し、二三塁間でランダウンプレーになる可能性があります。

それに備えるため、二塁ベースに近づきます。

守備図に戻る

セカンド

二塁ランナーを油断させるため、あえて緩慢な動きをしつつ二塁ベースから離れます。

守備図に戻る

サード

二塁ランナーが飛び出し、二三塁間でランダウンプレーになる場合や、牽制球がそれた場合の進塁に備えて三塁ベースカバーに入ります。

守備図に戻る

ショート

ゆったりとした動きから、素早く二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

ピッチャーの牽制球が二塁ランナーにぶつかり、予期しない所へにボールが転がった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

センター

ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

ライト

ピッチャーの牽制球が二塁ランナーにぶつかり、予期しない所へにボールが転がった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事