【ランナー三塁】レフトフライ(正面)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー三塁】レフトフライ(正面)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー三塁

 レフトフライ(正面)

 0アウト or 1アウト

 本塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー三塁、レフトフライ(正面)

正面の打球の場合、後ろから回り込むように捕球し、助走をつけて送球しましょう。

定位置であれば、ワンバウンドでキャッチャーに届くストライク返球を投げるようにします。

三塁ランナー以外にケアしなくてはいけないランナーはいませんので、しっかり強いボールを投げましょう。

レフトは肩の見せどころですからね!

 

レフト(打球位置) →  サード(カットマン) → キャッチャー(本塁)

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

本塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、本塁送球に備えます。

同時に、カットに入るサードの位置がずれていたら修正の指示を出し、カット・ノーカットの指示も出します。

守備図に戻る

ファースト

レフトの落球(エラー)に備え、一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

レフトの落球(エラー)に備え、二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

カットマンになり、レフトからの送球に備えます。

カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入るように。

守備図に戻る

ショート

本塁突入した三塁ランナーが引き返した場合、本塁送球を捕球したキャッチャーや、カットしたサードによる三塁送球になる可能性があります。

それに備えるため三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

フライを捕球し、本塁に送球します。定位置やその付近であれば、ノーカットでキャッチャーに投げましょう。

ワンバウンドでキャッチャーに届くボールを投げれば、捕球するキャッチャーは捕りやすく、三塁ランナーにタッチし易くなります。

送球が逸れた場合はサードがカットしますので、できる限り強いボールを投げて下さい。

もし捕球体勢が悪い場合、強いボールを投げることは難しいので、カットマンに素早く返球しましょう。

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングのため、レフト後方に向かいます。

守備図に戻る

ライト

レフトが落球(エラー)した場合、二塁送球になる可能性がありますので、それに備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー三塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別25パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事