【ランナー一塁】レフト線二塁打の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】レフト線二塁打の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー一塁

 レフト線二塁打

 本塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、レフト線二塁打

慌てずに打球処理(クッションボール処理を含む)をすれば、一塁ランナーのホームインを阻止できることが多いので、ミスのないプレーを心掛けましょう。

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

本塁送球に備えてカバーリングに向かいます。このとき三塁方向から回り込んで、カバーリングする場所に向かって下さい。

三塁送球になった場合のカバーリングに対応し易いですし、打者走者との接触の可能性がないことが理由です。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、野手に送球先を指示しつつ本塁送球に備えます。

またカットに入るショート(サード)の位置がずれていたら修正の指示を出し、カット・ノーカットも指示します。

守備図に戻る

ファースト

まず、打者走者がしっかり一塁ベースを踏んだか確認します。打者走者が二塁へ向かったら、後を追うように二塁ベース付近に向かい、二塁送球が発生した場合のカバーリングに備えます。

守備図に戻る

セカンド

二塁ベースに入り、カットマンであるショートからの送球に備えます。打者走者が大きくオーバーランした場合など、二塁送球が発生する場合もありますので。

守備図に戻る

サード

打球処理を目指し反応しましょう。レフト線へ打球が抜けていったら、三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

また、ショートがレフト近くまで追う場合(レフトの肩が弱い・雨でグラウンドコンディションが悪いなど)はサードも2枚目のカットマンになります。

このとき打球処理位置と本塁のライン上に入るようにし、1枚目のカットマンであるショートの位置がずれていたら修正の指示を出します。

サードが本塁に送球した後は、急いで三塁ベースに入りましょう。打者走者が三塁進塁を狙ってきますからね。

守備図に戻る

ショート

カットマンになりレフトからの送球に備えます。カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入るように。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

慌てずしっかりと打球処理をしましょう。そのとき以下のことに注意しましょう。

慌てずに捕球しよう

ファンブルすると一塁ランナーは本塁を狙ってきますので、まずはしっかり慌てず捕球しましょう。

カットマンに向け強い送球をする

素早くカットマンであるショートに強い送球をしましょう!

このとき高いボールは絶対投げないように。

低い送球であればボールを捕れる可能性がありますが、高い送球になってしまうと捕れません。中継プレーのミスはランナーに無駄な進塁を与えてしまいますから注意しましょう。

雨の濡れた芝生に注意

雨で外野の芝生が濡れている場合、ボールが濡れて滑りやすいので注意しましょう。

こんなときは、以下のような工夫をおすすめします。

 

  • できるだけ遠投は避け、カットマンに送球するようにする
  • 普段の2本指ではなく、3本指でボールを投げるようにする

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングのため、レフトに向かいます。

守備図に戻る

ライト

二塁送球が発生した場合のカバーリングに備えます。

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事