【ランナー2,3塁】ショートゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー2,3塁】ショートゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー2,3塁

 ショートゴロ

 前進守備

 三塁ランナーが本塁突入

 

Advertisement

【概要】ランナー2,3塁、ショートゴロ(前進守備)

ショートは打球を捕球したら、素早く本塁へ送球しましょう。本塁送球が一塁側に逸れてしまうと、キャッチャーは追いタッチになってしまいますので、コントロールも要求されます。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

ショートが打球を捕球してバックホームしたら、本塁に近づきキャッチャーのファンブルや悪送球をフォローしましょう。

また、三塁ランナーを三本間に挟んでランダウンプレーになった場合は、本塁に入ります。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、本塁送球に備えます。

守備図に戻る

ファースト

一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。また、三塁ランナーを三本間に挟んだ場合は、本塁に入ってランダウンプレーに参加しましょう。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

ショートが打球を捕球したら三塁ベースに入り、三塁送球(ランダウンプレー)に備えます。

守備図に戻る

ショート

打球を捕球したら素早く本塁へ送球します。ランナー2,3塁の前進守備は ”絶対に1点を防ぐ” 守備体系ですので、少々のリスクがあっても本塁で勝負しなくてはいけません。

本塁送球後、三塁ランナーを三本間に挟んだ場合は三塁ベースに入り、ランダウンプレーに参加しましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球が飛んだ瞬間はショートを抜ける打球かもしれませんし、ショートがエラーする可能性もありますから、まずは打球処理に対するカバーリングをします。

ショートが捕球した後は、三塁送球や三本間のランダウンプレーのカバーリングをします。

守備図に戻る

センター

打球が飛んだ瞬間はショートを抜ける打球かもしれませんし、ショートがエラーする可能性もありますから、まずは打球処理に対するカバーリングをします。

ショートが捕球した後は、二塁送球に備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

一塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー2,3塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別25パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事