【ランナー二塁】ショートゴロ(三遊間の打球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】ショートゴロ(三遊間の打球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

ランナー二塁の状況でショートゴロの場合、ショートは打球方向によって色々なパターンの動きが要求されます。

  • 正面に飛んだショートゴロの場合、二塁ランナーが二塁へ帰塁し、一塁送球
  • 二遊間に飛んだショートゴロの場合、二塁ランナーが三塁へ向かい、一塁送球
  • 三遊間を抜けそうなショートゴロの場合、二塁ランナーが三塁に向かい、三塁送球

この記事では、ランナー二塁で三遊間に飛んだショートゴロの打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、ショートゴロ(三遊間の打球)

二塁ランナーのセオリーは以下のようになります。

二塁ランナーのセオリー

  • 二塁ランナーから見て右側に飛んだ打球はストップ
  • 二塁ランナーから見て左側に飛んだ打球はスタート

三遊間に飛んだショートゴロの場合は、二塁ランナーが帰塁することがセオリーになります。

しかし、三遊間を抜けるヒットの可能性もありますから、二塁ランナーにとって非常に難しい判断になります。

それだけに『ヒット』と決め付け、勇んで三塁に向かってしまう二塁ランナーも意外と多いのです。

ここでは、三遊間の打球に対し、二塁ランナーが三塁に向かった場合の守備フォーメーションを解説します。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

主だったカバーリングはありません。

三塁送球が悪送球になった場合は、率先してボールを拾いに行きましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

どこに送球するのか、ジェスチャーと大きな声で指示を出します。

本塁を空けることになるので、三塁送球のカバーリングに行く必要はありません。

守備図に戻る

ファースト

ショートによる一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

まず打球に反応し、捕球できるようなら積極的に打球処理しましょう。

捕れない打球と判断したら、三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

打球を捕球するときには、二塁ランナーが三塁に向かっていることが見えているはずです。

二塁ランナーとサードの位置を確認し、三塁でアウトにできるか判断するのが先決です。

『間に合う』と判断したら三塁に、『間に合わない』と判断した場合は、素早く一塁に送球しましょう。

 

また、一塁送球が間に合わないと判断した場合も、二塁ランナーがオーバーランすることを想定して三塁へ送球します。

特に、三遊間を抜けそうな打球を横っ飛びで捕球した場合など、二塁ランナーはヒット想定してオーバーランしがちですので効果的です。

このとき、サードが三塁ベースに入れなかった場合は、図1~図2のように、ショート自らが追いかけましょう

図1 サードが打球に反応し、三塁ベースカバーに間に合わないケース

図2 ボールを捕球したショートが、三塁ベースに入る

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球が飛んだ瞬間はショートを抜ける打球かもしれませんし、ショートがエラーする可能性もありますから、まずは打球処理に対するカバーリングをします。

その後は、三塁ベースに近寄り、二三塁間 or 三本間のランダウンプレーに備えます。

守備図に戻る

センター

レフト同様、まずは打球処理のカバーリングを行います。

ショートが三塁送球した場合は、アウト・セーフに関わらず打者走者が生きることになります。

打者走者の動きに合わせて、カバーリング(二塁ベース付近)に向かいましょう。

守備図に戻る

ライト

ショートによる一塁送球の可能性がありますので、それに備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事