【ランナー二塁】キャッチャーゴロ(二塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】キャッチャーゴロ(二塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー二塁

 キャッチャーゴロ

 二塁ランナーが飛び出し、二塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、キャッチャーゴロ(二塁送球)

二塁ランナーがピッチャーゴロで飛び出したケースです。

この場合、二塁ランナーは打者走者の進塁を助ける目的であえて挟まることもあります。

ピッチャーゴロでも同じようなケースがありますが、ピッチャーより投げる距離が長いので、より早い判断が要求されるので注しましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

ピッチャーも自分で処理するつもりで前進します。また、キャッチャーのファンブルに備えてカバーリングします。

守備図に戻る

キャッチャー

変な回転や強烈な回転をしている打球もありますので、必ずキャッチャーミットで打球の勢いを止めてから処理します。

ゴロを捕球したら二塁ランナーの動きを見て、飛び出していることを確認しましょう。

急いで帰塁しようとしている場合

この場合は、素早く二塁へ送球します。

キャッチャーの場合は投げる距離が長いので、少しでも躊躇したら間に合いません。そのような場合は一塁へ送球しましょう。

あえて挟まれようと動きを止めている場合

この場合は、必ず三塁側から回り込むように動き、二塁ベースへ追い込むようにします。

すぐに二塁に投げてしまうと、その間に二塁ランナーが三塁に向かうことがあるので注意が必要です。

二塁ランナーが我慢できず、二塁ベースに戻ろうとしたら素早く二塁へ送球しましょう。

 ひとこと

 

このようなケースで、”猫パンチ”のようなモーションの小さい偽投をする選手がいますが、ランナーに対し、ほとんど効果がないので止めましょう。

 

ランナーに対し偽投がばれると、逆にスタートが切りやすくなりますから。

 

守備図に戻る

ファースト

まずは、一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

二三塁間で二塁ランナーを挟み、ランダウンプレーになった場合は、打者走者が二塁への進塁を試みます。

場合によっては、一二塁間で打者走者を挟み、ランダウンプレーになることがありますので、それに備えましょう。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球のカバーリングをします。

二三塁間でランダウンプレーになった場合、三塁ベースに向かいましょう。

守備図に戻る

センター

二塁送球に備えてカバーリングをします。

二三塁間でランダウンプレーになった場合は、二塁送球のカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

ライト

まずは、一塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

二三塁間でランダウンプレーになった場合は、二塁送球のカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事