【ランナー一塁】レフト前ヒットの処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】レフト前ヒットの処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー一塁

 レフト前ヒット

 三塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、レフト前ヒット

打球方向が三塁に近いので、無難に処理をすれば三塁進塁を阻止できます。

しっかりと捕球し、素早くカットマンに送球しましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

レフトの三塁送球が悪送球になった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

キャッチャー

打球が飛んだ瞬間はサードゴロ・ショートゴロかもしれませんので、まずは一塁送球に備えたカバーリングに向かいます。レフトへ打球が抜けていったら、定位置に戻ります。

守備図に戻る

ファースト

打者走者が大きくオーバーランした場合など、カットマンが一塁送球できるように一塁ベースに入ります。オーバーランした打者走者と接触しないように気をつけましょう。

守備図に戻る

セカンド

二塁ベースに入り、一塁ランナーが大きくオーバーランした場合に発生する二塁送球に備えます。

守備図に戻る

サード

打球処理を目指し反応しましょう。レフトへ打球が抜けていったら、三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

打球処理を目指し反応しましょう。レフトへ打球が抜けていったら、カットマンになりレフトからの送球に備えます。

カットする位置は打球処理位置と三塁ベースのライン上に入るように。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球を処理します。慌てずしっかりと捕球しましょう。送球に関しては、以下のことに注意しましょう。

打者走者が見えない場合は三塁ベースに投げろ

三塁線近くや左中間に飛んだ打球など、深い位置で捕球するときは、打者走者を確認してから送球していては遅くなってしまいます。

素早く三塁ベースに向けて、強く低い送球をしましょう!

打者走者が進塁を狙っていない場合など、サード・ショートがカットする・しないを判断してくれますから。

目的は打者走者の進塁を防ぐことですから、最終的に三塁ベース付近にボールがなくてはいけません。カットマンにボールを渡すことが目的ではありませんからね。

打者走者が見える場合は、カットマンに投げてOK

明らかに打者走者が進塁を狙っていない場合は、カットマンのショートに送球します。

ショートが打球に飛び込んだ場合、すぐカットに入れないこともあります。そんなときはボールを捕球後、三塁ベースに入っているサードに送球しましょう。

雨の濡れた芝生に注意

雨で外野の芝生が濡れている場合、ボールが濡れて滑りやすいので注意しましょう。

こんなときは、以下のような工夫をおすすめします。

 

  • できるだけ遠投は避け、カットマンに送球するようにする
  • 普段の2本指ではなく、3本指でボールを投げるようにする

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングのため、レフト後方に向かいます。

守備図に戻る

ライト

二塁送球が発生した場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事