【ランナー無し】ショートゴロの処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー無し】ショートゴロの処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー無し

 ショートゴロ

 

Advertisement

【概要】ランナー無し、ショートゴロ

ショートはサードよりもさらに投げる距離が長く、僅かなファンブルでもエラーになりやすいです。ですので、打球処理は捕球→送球をスムーズに行う必要があります。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

主だったカバーリングはありません。

守備図に戻る

キャッチャー

ショートによる一塁送球が悪送球になった場合や、ファーストがファンブルした場合に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

ファースト

ショートによる一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

まずは打球方向へ反応しましょう。

ショートの一塁送球が悪送球になった場合、打者走者が二塁に向かう可能性があります。このとき、カバーリングした野手が二塁へ送球しますので、それに備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

ショートに近づき打球処理のカバーリングをします。ファンブルした打球が近くに転がっていたら、素早く拾って一塁へ送球しましょう。一塁に送球しても『間に合わない』と判断した場合は投げないように。

守備図に戻る

ショート

打球を処理します。ファンブルした場合、焦って悪送球になることもありますから注意しましょう。一塁に送球しても『間に合わない』と判断できれば、投げないように。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球が飛んだ瞬間はショートを抜ける打球かもしれませんし、ショートがエラーする可能性もありますから、まずは打球処理に対するカバーリングをします。

ショートがゴロを捕球した後、一塁送球が悪送球になることもあります。このとき、カバーリングした野手が二塁へ送球しますが、それが悪送球になることもあります。それに備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

センター

レフト同様、まずは打球処理のカバーリングを行います。

ショートがゴロを捕球した後、一塁送球が悪送球になることもあります。このとき、カバーリングした野手が二塁へ送球しますが、それが悪送球になることもあります。それに備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

ショートによる一塁送球が悪送球になった場合や、ファーストがファンブルした場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー無し】の解説記事一覧はこちら

打球方向別15パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事