【ランナー一塁】バントシフト(ファースト&サード)と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】バントシフト(ファースト&サード)と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるバントシフトと各ポジションのカバーリングについて解説します。守備体系はチャージをかけるバントシフトです。

 ランナー一塁

 送りバントの可能性が極めて高い

 ファーストとサードがチャージする

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、バントシフト(ファースト&サード)

試合終盤など1点を争う場面では、攻撃側は

どうしてもスコアリングポジションにランナーを進めたい!

反対に守備側は、

絶対にスコアリングポジションにランナーを進めさせたくない!

という状況になることがあります。

このような場合、攻撃側はより確実にランナーを進めるために送りバントを用いる可能性が非常に高まります。守備側はそれに対抗するために、バントシフトを敷いて二塁封殺を狙い、ピンチになるのを防ぎにいきます。

 

このようなバントシフトは、リスクを背負ってでもピンチを防ぎにいくプレーですので、成功・失敗がそのまま勝敗に直結することもある大きなプレーです。

ある意味『勝負手』ですので、試合終盤まであえて使わずに温存するケースが多く、まさに一発勝負だと思って下さい。

それだけにバッテリーを含む野手全員が一体となった連携が大切になります。

この記事では、ファーストとサードがチャージするタイプのバントシフトを解説します。

 

 

  • 守備側は”100%送りバント”と決めてかかる
  • 打球処理はピッチャー・キャッチャー・サード・ファーストが担当
  • ファーストとサードがチャージをかけ打者に圧力をかける
  • 二塁封殺することが最大の目的!できなければ失敗だと思え!

 

このようなバントシフトを使う以上、二塁に進塁されたら失敗です。絶対に進塁させないつもりでプレーしましょう!

また、思惑が外れてヒッティングに切り替えられた結果、シフトを打ち破られることもありますが、これは仕方がありません。次のプレーに切り替えましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

打者に向かってダッシュするファーストとサードが塁間の半分くらいに到達したタイミングで打者に投球します。

このプレーは相手にバントをさせなくてはいけませんので、絶対にストライクを投げるように

投球後は、素早くチャージをかけて打球処理に向かいます。

打球処理する場合

打球を捕球したら二塁へ送球します。慌ててファンブルするケースも多いので、しっかりと捕球しましょう。

打球処理しない場合

野手の送球の邪魔にならないように逸れましょう。その後、三塁ベースカバーに向かいます。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回りましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

打球処理 野手への指示三塁ベースカバーの順番でプレーします。

打球処理する場合

打球が目の前に転がっている場合は、打球を処理して二塁に素早く送球しましょう。

打球処理しない場合

野手に送球する場所の指示を出します。このときは大きな声で!

その後は三塁ベースカバーに向かいます。

サードが打球を処理をする場合、ピッチャーはサードの送球の邪魔にならないように一動きます。そのため、どちらも三塁ベースカバーに遅れがちになりますから、キャッチャーは忘れずに三塁ベースカバーに向かいましょう。

ピッチャー or サードが三塁ベースカバーに向かったときは、本塁に戻ります。

守備図に戻る

ファースト

サードとタイミングを合わせ、打者へ向かって前進(チャージ)します。前進は思いっきりダッシュすること。

このとき声を出しながらチャージすると効果的です。打者がプレッシャーを感じることもありますから。

打球処理する場合

打球を捕球したら、素早く二塁へ送球します。

打球処理しない場合

野手(投手)の送球の邪魔にならないように逸れましょう。また、三塁ベースカバーに誰も入っていない場合はフォローします。

守備図に戻る

セカンド

一塁ベースに入り一塁送球に備えます。

守備図に戻る

サード

ファーストとタイミングを合わせ、打者へ向かって前進(チャージ)します。前進は思いっきりダッシュすること。

このとき声を出しながらチャージすると効果的です。打者がプレッシャーを感じることもありますから。

打球処理する場合

打球を捕球したら、素早く二塁へ送球します。その後は、三塁ベースカバーに向かいましょう。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回ります。

打球処理しない場合

野手(投手)の送球の邪魔にならないように逸れましょう。その後、三塁ベースカバーに向かいます。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回りましょう。

守備図に戻る

ショート

二塁ベースに入り二塁送球に備えます。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

一塁送球になった場合、それが悪送球になると三塁送球が発生する可能性がありますので、それに備えたカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

ライト

バント処理による一塁送球や、二塁送球→ショートからの一塁送球、に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事