【ランナー二塁】三塁盗塁のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】三塁盗塁のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるベースカバーと各ポジションのカバーリングについて解説します。

 ランナー二塁

 三塁盗塁

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、三塁盗塁のベースカバー

ハッキリ言いますが、三塁盗塁はセカンド・ショート・ピッチャーが二塁ランナーをケアし、かつキャッチャーがしっかりとした送球をすれば必ず防げます

三塁盗塁を許してしまうのは、これらのどれかに問題があるからです。

逆言えば、三塁盗塁を許してしまうと、単に進塁させてしまっただけでなく、守備の隙を突かれたショックも受けてしまいますので注意しましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

主だったカバーリングはありません。

二塁ランナーが引き返し、二三塁間でランダウンプレーになった場合は、三塁ベースに向かいましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

投球を捕球したら、素早く三塁へ送球します。三塁はタッチプレイになりますので、できるだけ低く強いボールを投げましょう。

打者が右打者の場合、打者の背中側に回り込んで送球するのが基本です。

但し、ピッチャーの投げたボールが外角に逸れた場合など、一塁側に捕球姿勢が崩れることもありますが、そのときは無理に打者の背中側に回り込まずに送球しましょう。

守備図に戻る

ファースト

二塁ランナーが引き返し、二三塁間でランダウンプレーになることもありますので、それに備えて二塁へ向かいます。

守備図に戻る

セカンド

二塁ランナーが引き返すこともありますので、その二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

キャッチャーの三塁送球が悪送球になった場合や、三塁ベースカバーに入ったサードがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球のカバーリングに向かいます。

送球がランナーに当たってしまい、ボールが予測できない場所に転がることもあります。それに対応できるように、ある程度の距離を取って備えましょう。

守備図に戻る

センター

二塁ランナーが引き返し、二塁送球になる可能性もありますので、そのカバーリングのため前進します。

守備図に戻る

ライト

二塁送球が発生した場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事