【ランナー二塁】レフト前ヒット(センター寄り)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】レフト前ヒット(センター寄り)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー二塁

 レフト前ヒット(センター寄り)

 本塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、レフト前ヒット(センター寄り)

守備側がやるべきことは、以下の通りです。

  • 二塁ランナーのホームインを阻止する
  • 打者走者を二塁に進塁させない

センター寄りの打球の場合、打球に対しチャージをかけることができず、強いボールを本塁に投げられません。

ですので、ショートが一枚目のカットマンとして入り、レフトに近づいてボールを受けます。

レフトは素早いモーションで、ショートに送球しましょう。

 

サードが二枚目のカットマンとして入り、打者走者の二塁進塁を防ぎます。

全体的な中継プレーをまとめると、以下のようになります。

 

レフト(打球位置) →  ショート(カットマン) → サード(カットマン) → キャッチャー(本塁)

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

本塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、野手に送球先を指示しつつ本塁送球に備えます。

カットに入るショート・サードの位置がずれていたら修正の指示を出し、サードにカット・ノーカットの指示も出します。

守備図に戻る

ファースト

一塁ベースに入り、打者走者がしっかり一塁ベースを踏んだか確認します。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

二枚目のカットマンになりショートの本塁送球に備えます。カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入るように。

キャッチャーの指示を聞き、ショートの本塁送球をカットまたはノーカットします。ノーカットの場合は、打者走者の進塁を防ぐために、必ずフェイクを入れましょう!

 

 カットマンのフェイク

カットマンのフェイクとは、送球をカットするフリをすることです。

ランナーは送球している間に次の塁を狙っていますが、送球をカットされると狙い辛くなります。守備側はカットすることによって送球先を変えることが可能ですからね。

カットマンがフェイクを入れることにより、送球間に進塁を狙っているランナーを牽制できるのです。

守備図に戻る

ショート

一枚目のカットマンとなり、レフトからの送球に備えます。カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入り、レフトとの距離を詰めます。

レフトからの送球を捕球したら、強く低いボールで本塁に送球します。

カットマンであるサードが捕れない高さに投げないように注意しましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

打球を処理します。慌てずに、一枚目のカットマンであるショートに素早く返球しましょう。

カットマンが捕れない高さに投げないように。

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングのため、レフト後方に向かいます。

守備図に戻る

ライト

二塁送球の場合に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事