【ランナー1,2塁】ライトフライの処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,2塁】ライトフライの処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー1,2塁

 ライトフライ

 三塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー1,2塁、ライトフライ

二塁ランナーがタッチアップで三塁を狙ってくるのは当然ですが、一塁ランナーも三塁送球の間に二塁進塁を狙ってきます。

守備側は二塁ランナーのタッチアップを阻止しつつ、絶対に一塁ランナーの二塁進塁は阻止するように動く必要があります。

そのためにも、ライトはカットマンの頭を越えるような送球をしないように注意しましょう。

たとえ浅いライトフライで三塁へノーカット送球する場合も、カットマンがカットできる高さにボールを投げるように!

 

打球によってセカンド、またはショートがカットマンになります。

ショートとセカンドの両方がカットに入る必要のある打球・・・例えば、

  • ダイビングキャッチなどでライトの捕球姿勢が著しく悪い
  • 深いライトフライ

のような打球の場合、二塁ランナーのタッチアップを防ぐことは難しいので、二塁送球に切り替えて一塁ランナーの二塁進塁を阻止するように動きます。

セカンドが一枚目のカットマン、ショートが二枚目のカットマンになった場合、役割を終えて二塁ベースに近い方が率先して二塁ベースに入り、一塁ランナーの二塁進塁に備えましょう。

この記事では、セカンドがカットマンになった場合の守備フォーメーションを解説します。

 

ライト(打球位置) →  セカンド(カットマン) → サード(三塁ベース)

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

三塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、野手に送球先の指示を出します。

タッチアップした二塁ランナーをアウトにできないと判断したら、できるだけ早く送球先を二塁に変更しましょう。

守備図に戻る

ファースト

一塁ベース付近で待機しつつ、二塁ランナーのタッチアップがセンターの捕球より早くないか確認しましょう。

守備図に戻る

セカンド

一枚目のカットマンとなり、ライトからの送球に備えます。

カットする位置は打球処理位置と三塁のライン上に入り、ライトの捕球体勢が悪ければ距離を詰め、投げやすい体勢なら引きましょう。

ライトからの送球を捕球したら、強く低いボールで三塁に送球します。

2枚目のカットマンであるショートが捕れない高さに投げないように注意しましょう。

 

サードや周囲の野手の指示が『ストップ(三塁へ投げるな)』の場合、

  • 三塁送球の偽投
  • ボールを持ったまま、走って内野に近づく

をします。

このとき、三塁に進んだ二塁ランナーと、一塁ランナーの動きを確認するように。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。また、カットに入るセカンド・ショートの位置がずれていたら修正の指示を出し、カット・ノーカットの指示も出します。

守備図に戻る

ショート

二枚目のカットマンになり、ライトからセカンドへの送球のカバーリングをします。

セカンドの三塁送球がカットの場合はカットし、ノーカットの場合はフェイクを入れ、そのまま二塁ベースに入ります。

 

 カットマンのフェイク

カットマンのフェイクとは、送球をカットするフリをすることです。

ランナーは送球している間に次の塁を狙っていますが、送球をカットされると狙い辛くなります。守備側はカットすることによって送球先を変えることが可能ですからね。

カットマンがフェイクを入れることにより、送球間に進塁を狙っているランナーを牽制できるのです。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球のカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

フライを捕球し、カットマンに送球します。カットマンが捕れない高さに投げないように!

また、浅いフライの場合は可能な限り後ろから回り込むように捕球し、助走をつけて三塁送球しましょう。

どのようなフライも捕球位置・捕球体勢・自分の肩を考慮し、三塁へノーカット送球するか、カットマンへ送球するか判断します。

くどいようですが、一塁ランナーの二塁進塁を防ぐため、絶対にカットマンが捕れない高さに投げてはいけませんからね。

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー1,2塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別26パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事