【ランナー1,3塁】二塁盗塁のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,3塁】二塁盗塁のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるベースカバーと各ポジションのカバーリングについて解説します。

 ランナー1,3塁

 二塁盗塁

 キャッチャーが二塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー1,3塁、二塁盗塁のベースカバー

ランナー1,3塁の二塁盗塁、もしくはダブルスチールは守備側にとって非常に対処が難しいプレーです。

その難しさゆえ、ランナー1,3塁の場面で一塁ランナーが盗塁した場合、ほぼフリーパスでランナー2,3塁になってしまう・・・なんてチームも多いのではないでしょうか?

守備側の選択肢として、以下のプレーに分類できます。

守備側の選択肢

  • キャッチャーが二塁へ送球するふり(偽投)をして、三塁へ送球する
  • キャッチャーが二塁送球すると見せかけ、ピッチャーがカットし三塁へ送球する
  • キャッチャーの二塁送球をセカンドがカットし、本塁または三塁へ送球する
  • キャッチャーが二塁に送球する

この記事ではキャッチャーが二塁に送球するパターンの解説をします。このパターンを多く使えるチームは守備力が高い傾向にあり、守備力が低いチームほどこのパターンを使うことが出来ません。

なぜなら、守備力が低いチームは一塁ランナーの盗塁を防ぐことができませんから、三塁ランナーの本塁突入を防ぐ方を優先させるからです。

しかし相手チームはそれを見極めて、三塁ランナーを走らせず一塁ランナーをどんどん走らせるでしょう。

その結果、ランナー1,3塁が自動的にランナー2,3塁になってしまうのです。少年野球などで多く見るパターンですね。

このように、ランナー1,3塁で一塁ランナーの盗塁をアウトにしようとするチームは、基本的に高い守備力を持ち合わせていると考えることができるでしょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

打者へ投球後、キャッチャーが二塁へ送球したボールにぶつからないように気をつけましょう。

キャッチャーが投げる瞬間に背を向けてしゃがみ、送球を避けているつもりになっているピッチャーがいますが、これでは送球を避けていることになりません。

ボールから目を離しているので、キャッチャーが送球ミスをすれば体にボールがぶつかってしまう可能性がありますからね。

硬式球が頭に当たった場合、無防備ですので非常に危険ですから絶対にボールから目を離さないように!

守備図に戻る

キャッチャー

ピッチャーの投球を捕球したら、セカンドがカットできる高さで二塁に送球します。

セカンドが届かない高さに投げてしまうと、三塁ランナーが本塁に突入しやすくなりますからね。

二塁送球後は三塁ランナーの動きを必ず確認しましょう。

守備図に戻る

ファースト

スタートを切った一塁ランナーが引き返し、ランダウンプレー(挟殺プレー)が発生する可能性があります。

それに備えて一塁ベース付近に移動します。

守備図に戻る

セカンド

キャッチャーの二塁送球に対するカットマンになるべくセカンドベース前方に移動し、ショートの指示または自分の判断でノーカット(またはカット)します。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

キャッチャーの二塁送球に備えて二塁ベースに入り、セカンドにカット・ノーカットの指示を出します。

そのためにも、一塁ランナーのスタートと三塁ランナーの本塁突入をしっかり確認しておきましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

キャッチャーの三塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

二塁送球が悪送球になった場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

二塁送球が悪送球になった場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー1,3塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別33パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事