【ランナー一塁】ピッチャーのピックオフプレーと各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】ピッチャーのピックオフプレーと各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるピッチャーのピックオフプレーと各ポジションのカバーリングについて解説します。

 ランナー一塁

 送りバントが想定される場面

 ピックオフプレー(ピッチャー)

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、ピッチャーのピックオフプレー

ピックオフプレーとは投手・捕手・野手が連携してランナーを罠にはめ、牽制球でアウトを狙うプレーです。

ここで紹介するピックオフプレーは、以下のような手順で行います。

 

  • 状況は”送りバントが想定される”場面
  • ファーストとサードが前進し、バントシフトのように思わせる
  • バントシフトだと思った一塁ランナーは、ファーストが一塁ベースを離れたのを見て、第二リードを大きく取る
  • 素早くセカンドが一塁ベースカバーに入る
  • キャッチャーがタイミングを見てピッチャーに牽制球のサインを出す
  • ピッチャーはクイックモーションで一塁ベースに入ったセカンドへ牽制球を投げる
  • 虚をつかれた一塁ランナーは戻りきれずアウト!

 

相手にバントシフトだと思わせ、思わず大きなリードを取った一塁ランナーをアウトにするプレーです。

 

 

このプレーに限った話ではありませんが、ピックオフプレーや極端なバントシフトなどは1試合の中で何度も使えるものではありません。

あくまで相手の虚をつくプレーですから、パターンを知られてしまうと簡単に対策されてしまいます。

それだけに1回限りのプレーだと肝に銘じましょう!

たった1回のプレーでも、試合終盤の勝負所で成功すれば試合の流れを変えるビッグプレーになりえます。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

キャッチャーのサインが出たらクイックモーションで一塁へ牽制球を投げます。しっかりと狙ったところへ投げましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

ファーストとサードが前進し、セカンドが一塁ベースカバーに向かう動きにタイミングを合わせ、ピッチャーに牽制球のサインを出します。

守備図に戻る

ファースト

サードとタイミングを合わせてバントシフトのように打者へ向かって前進します。前進するときは思いっきりダッシュすること。

守備図に戻る

セカンド

ファーストとサードの前進に合わせて一塁ベースカバーに入り、ピッチャーからの牽制球に備えます。

できるだけ一塁ランナーの視界に入らないように、気持ち回りこんで一塁ベースカバーに入りましょう。

守備図に戻る

サード

ファーストとタイミングを合わせてバントシフトのように打者へ向けて前進します。前進は思いっきりダッシュすること。

守備図に戻る

ショート

ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合、一塁ランナーが二塁進塁を狙ってきますので、二塁送球に備えて二塁ベースカバーに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合、一塁ランナーが二塁進塁を狙ってきますので、その二塁送球に対するカバーリングをします。

二塁送球でなく三塁送球になりそうな場合は、三塁送球のカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合、一塁ランナーが二塁進塁を狙ってきますので、その二塁送球に対するカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事