【ランナー一塁】暴投(捕逸)のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】暴投(捕逸)のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるベースカバーと各ポジションのカバーリングについて解説します。

 ランナー一塁

 暴投(ワイルドピッチ)

 捕逸(パスボール)

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、暴投(捕逸)のベースカバー

暴投(ワイルドピッチ)や捕逸(パスボール)の場合、どこにボールが転がるか分かりません。

それゆえキャッチャーがボールを見失うことがありますので、野手やベンチが声を出してボールの場所を伝えましょう。

キャッチャーがボールを見失っている時間が長いと、一塁ランナーが三塁進塁を狙ってきますからね。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

ボールが近くに転がった場合は、積極的に処理しましょう。

ボールが遠くに転がった場合、キャッチャーにボールの行き先を伝えつつ、どこに送球すべきか指示を出します。

二塁送球が間に合わない場合は、本塁付近でボールを受け取ります。

守備図に戻る

キャッチャー

まずボールの転がった場所を確認します。ボールを見失った場合はピッチャーや野手の声やジェスチャーなどを頼りに、できるだけ早くボールを見つけましょう。

転がったボールが近くにあり、一塁ランナーを二塁でアウトにできそうな場合は二塁に送球します。二塁送球が間に合わない場合は、素早くピッチャーに返球しましょう。

遠くに転がった場合は一塁ランナーの二塁進塁は諦めつつ、三塁進塁は絶対防ぐつもりで素早く動きましょう。

守備図に戻る

ファースト

ボールが近くに転がった場合は、積極的に処理しましょう。

また、近くに転がったボールをキャッチャーが処理した場合、飛び出した一塁ランナーが一塁へ戻ってくる可能性や、ランダウンプレーに発展する可能性もありますので、一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

またショートの守備位置が二塁ベースから遠い場合は、二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

ボールが遠くに転がった場合など、一塁ランナーが一気に三塁進塁を狙ってくることもありますから、それに備えて三塁ベースに入ります。

近くにボールが転がっている場合は、積極的に処理しましょう。

守備図に戻る

ショート

二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

また、守備位置が二塁ベースから遠い場合は、セカンドに二塁ベースカバーを任せ、二塁送球に対するカバーリングをします。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

二塁送球のカバーリングのため二塁ベースに近づきます。

タッチプレイの場合、送球がランナーに当たってしまい、ボールが予測できない場所に転がることもあります。それに対応できるように、ある程度の距離を取って備えましょう。

三塁送球になりそうな場合は、それに対するカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

二塁送球のカバーリングのため前進します。

守備図に戻る

ライト

スタートを切った一塁ランナーが引き返し、キャッチャーが一塁に送球する可能性がありますから、まず一塁送球に備えたカバーリングに向かいます。

キャッチャーが二塁送球したら、そのカバーリングのために二塁ベースに近づきましょう。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事