【ランナー三塁】キャッチャーゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー三塁】キャッチャーゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー三塁

 キャッチャーゴロ

 中間守備

 三塁ランナーは三塁へ帰塁

 

Advertisement

【概要】ランナー三塁、キャッチャーゴロ(中間守備)

中間守備におけるキャッチャーゴロで、三塁ランナーが三塁へ帰塁したケースです。

キャッチャーは打球を捕球したら、まず三塁ランナーの動きを確認し、しっかり三塁へ釘付けにしつつ一塁へ送球します。

これは、一塁へ送球している間に、三塁ランナーが本塁へ突入することを防ぐためです。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

まずは、ピッチャーも打球処理に向かいます。

キャッチャーが捕球する打球だと判断したら、三塁ランナーの動きを確認し、キャッチャーに送球の指示を出します。

守備図に戻る

キャッチャー

変な回転や強烈な回転をしている打球もありますので、必ずキャッチャーミットで打球の勢いを止めてから処理します。

三塁ランナーが帰塁したことを確認し、一塁へ送球します。

守備図に戻る

ファースト

一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

キャッチャーによる一塁送球が悪送球になったときに備えてカバーリングします。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

キャッチャーの一塁送球が悪送球になった場合、打者走者が二塁に向かう可能性があります。このとき、カバーリングした野手が二塁へ送球しますので、それに備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

キャッチャーの一塁送球が悪送球になった場合、打者走者が二塁に向かう可能性があります。このとき、カバーリングした野手が二塁へ送球しますが、それが悪送球になることもあります。それに備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

一塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー三塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別25パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事