【ランナー一塁】バントシフト(セカンド&サード)と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー一塁】バントシフト(セカンド&サード)と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況におけるバントシフトと各ポジションのカバーリングについて解説します。守備体系はチャージをかけるバントシフトです。

 ランナー一塁

 送りバントの可能性が極めて高い

 セカンドとサードがチャージする

 

Advertisement

【概要】ランナー一塁、バントシフト(セカンド&サード)

試合終盤など1点を争う場面において、積極的に二塁封殺を狙うバントシフトの一例を紹介したいと思います。

よく用いられる守備フォーメーションは、以下の記事で解説しているようなファーストとサードがチャージするバントシフトです。

 

 

それに対し、この記事でご紹介するのはセカンドとファーストがチャージするバントシフトです。

ファーストとサードがチャージするバントシフトに比べて、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

メリット・デメリット

< メリット >

ファーストが一塁ベースについたままなので、一塁ランナーに大きな二次リードを取らせず、より二塁封殺の可能性が高まる。

< デメリット >

セカンドがチャージする距離が長いため、打者に目的を悟られやすく、ヒッティングに切り替えられるリスクが上がる。

 

セカンドとサードがチャージするバントシフトの方がハイリスク・ハイリターンであり、1回きりの守備フォーメーションと言えますね。

このバントシフトのポイントは以下の通りです。

 

 

  • 守備側は”100%送りバント”と決めてかかる
  • 打球処理はピッチャー・キャッチャー・サード・ファーストが担当
  • セカンドとサードがチャージをかけ打者に圧力をかける
  • 二塁封殺することが最大の目的!できなければ失敗だと思え!

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

打者に向かってダッシュするセカンドとサードが塁間の半分くらいに到達したタイミングで打者に投球します。

このプレーは相手にバントをさせなくてはいけませんので、絶対にストライクを投げるように

投球後は、素早くチャージをかけて打球処理に向かいます。

打球処理する場合

打球を捕球したら二塁へ送球します。慌ててファンブルするケースも多いので、しっかりと捕球しましょう。

打球処理しない場合

野手の送球の邪魔にならないように逸れましょう。その後、三塁ベースカバーに向かいます。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回りましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

打球処理 野手への指示三塁ベースカバーの順番でプレーします。

打球処理する場合

打球が目の前に転がっている場合は、打球を処理して二塁に素早く送球しましょう。

打球処理しない場合

野手に送球する場所の指示を出します。このときは大きな声で!

その後は三塁ベースカバーに向かいます。

サードが打球を処理をする場合、ピッチャーはサードの送球の邪魔にならないように一動きます。そのため、どちらも三塁ベースカバーに遅れがちになりますから、キャッチャーは忘れずに三塁ベースカバーに向かいましょう。

ピッチャー or サードが三塁ベースカバーに向かったときは、本塁に戻ります。

守備図に戻る

ファースト

一塁ベースに入り、一塁ランナーに大きなリードを取らせないようします。ピッチャーが投球後はそのまま一塁送球に備えます。

守備図に戻る

セカンド

サードとともにチャージしますが、セカンドの方が移動距離が長いので最初に動き出します。

このとき直線的にチャージせず、一塁方向から回り込むようにチャージしましょう。直線的にチャージすると打者に丸見えでであり、より目的を悟られやすくなるためです。

できるだけ打者の視界から遠ざかるために、一塁方向から回り込むように動きましょう。このとき声を出しながらチャージすると効果的です。打者がプレッシャーを感じることもありますから。

打球処理する場合

打球を捕球したら、素早く二塁へ送球します。

打球処理しない場合

野手(投手)の送球の邪魔にならないように逸れましょう。その後、誰も三塁ベースカバーに向かっていない場合はフォローするように。

守備図に戻る

サード

先に動き出したセカンドとタイミングを合わせ、打者へ向かって前進(チャージ)します。前進は思いっきりダッシュすること。

このとき声を出しながらチャージすると効果的です。打者がプレッシャーを感じることもありますから。

打球処理する場合

打球を捕球したら、素早く二塁へ送球します。その後は、三塁ベースカバーに向かいましょう。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回ります。

打球処理しない場合

野手(投手)の送球の邪魔にならないように逸れましょう。その後、三塁ベースカバーに向かいます。キャッチャーが三塁ベースカバーに向かった場合は、本塁ベースカバーに回りましょう。

守備図に戻る

ショート

二塁ベースに入り二塁送球に備えます。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

一塁送球になった場合、それが悪送球になると三塁送球が発生する可能性がありますので、それに備えたカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

ライト

バント処理による一塁送球や、二塁送球→ショートからの一塁送球、に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー一塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別22パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事