【ランナー三塁】ファーストゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー三塁】ファーストゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー三塁

 ファーストゴロ

 前進守備

 三塁ランナーが本塁突入

 

Advertisement

【概要】ランナー三塁、ファーストゴロ(前進守備)

ファーストは打球を捕球したら、落ち着いて本塁へ送球しましょう。弱い打球の場合、前進守備のポジションからさらに前進しますので、捕球位置から本塁まで微妙な距離になってしまい投げ辛いことがあります。

全力で送球するには距離が短く、スナップスローでは距離が長い・・・みたいな感じで。練習では、色々な投げ方を試して、距離に応じた最適な投げ方を身につけることが大切です。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

一塁方向へ打球が飛んでいるので、まずは一塁ベースカバーに向かいます。

ファーストが打球を捕球してバックホームしたら、本塁に近づきキャッチャーのファンブルや悪送球をフォローしましょう。

また、三塁ランナーを三本間に挟んでランダウンプレーになった場合は、本塁に入ります。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、本塁送球に備えます。

守備図に戻る

ファースト

打球を捕球したら本塁へ送球します。

その後は、一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

打球に反応し、打球処理を目指します。

ファーストが打球を捕球し、本塁へ送球したら、一塁ベースカバーに向かいますが、ファーストが一塁へ戻れる場合は、二塁ベースカバーに向かいましょう。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

三塁送球やランダウンプレーに備えたカバーリングをします。

ランダウンプレーの可能性が無い場合(本塁タッチアウト・本塁セーフ)、二塁ベースカバーに向かいましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球や三本間のランダウンプレーのカバーリングをします。

守備図に戻る

センター

ファーストに打球が飛んだ瞬間はライト前ヒットの可能性がありますので、まずはライト前ヒットに対するカバーリングのため、ライト後方へ向かいます。

その後は、セカンドが一塁送球のカバーリングに向かった場合、二塁ベースが空いてしまいますので、二塁ベースに入りましょう。

セカンドが二塁ベースに入っている場合は、二塁送球に備えたカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

まずは、ライト前ヒットの可能性がありますから、前進して捕球に備えます。ファーストがゴロを捕球した後は、一塁送球が悪送球になった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー三塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別25パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事