【ランナー1,2塁】ライト前ヒット(センター寄り・三塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,2塁】ライト前ヒット(センター寄り・三塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー1,2塁

 ライト前ヒット(センター寄り)

 三塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー1,2塁、ライト前ヒット(センター寄り・三塁送球)

センター寄りのライト前ヒットの場合、正面のライト前ヒットに比べると、捕球位置から本塁までの距離が長くなり、打球に対してチャージをかけ辛いので、本塁でアウトにするのは難しいと言えます。

従って、三塁へ送球する場面も多くなります。

このとき、ライトがカットマンがジャンプしても捕れないような送球をしてしまうと、打者走者が二塁へ進塁してしまいますので注意しましょう。

それを防ぐためにも、必ずカットマンが捕れる高さに投げるようにして下さい。

この記事では三塁へ送球する守備フォーメーションを解説します。

 

ライト(打球位置) →  ショート(カットマン) → サード(三塁)

 

守備フォーメーション

図1 カバーリング前

図2 カバーリング後


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

まずは、本塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

キャッチャーの指示が三塁送球になった瞬間、三塁送球に備えたカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

ホームベースの前に移動し、野手に送球先の指示を出します。

二塁ランナーと一塁ランナーの動きと走力、打球の強さと方向、そして試合展開を考慮し、どの塁に送球すべきか迅速に判断しましょう。

判断が遅れる=適切なフォーメーションがとれない、となりますので。

守備図に戻る

ファースト

本塁送球の可能性がありますので、二枚目のカットマンになりセカンドからの送球に備えます。

カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入るように。

送球先が三塁になったら、ランダウンプレーや一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

本塁送球の可能性がありますので、一枚目のカットマンとなり、ライトからの送球に備えます。

カットする位置は打球処理位置と本塁のライン上に入り、ライトとの距離を詰めます。

送球先が三塁になったら、二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。また、カットに入るショート位置がずれていたら修正の指示を出し、カット・ノーカットの指示も出します。

守備図に戻る

ショート

最初から三塁送球の可能性を考え、三塁送球のカットマンになるために、打球処理位置と三塁のライン上に入ります。

カット・ノーカットはサードの指示に従います。

カットし、サードや周囲の野手の指示が『ストップ(三塁へ投げるな)』の場合、三塁送球の偽投をして打者走者をおびき出しましょう。

三塁送球後は、二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球のカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

打球処理のカバーリングのため、ライト後方に向かいます。

ライトが捕球したら、二塁送球の場合に備えてカバーリングに向かいましょう。

守備図に戻る

ライト

打球を処理します。慌てずに、カットマンであるショートに素早く返球しましょう。

カットマンが捕れない高さに投げないように!

守備図に戻る

 ひとこと

 

基本的にカットに入る野手は、指示を出す野手に従って『カット』『ノーカット』します。

 

しかし、試合によっては相手ベンチの声が大きかったり、スタンドにいる観客の声援で指示がよく聞こえない場合もあります。

 

そのような場面に備えて、自分自身で判断する練習もしておきましょう!

 

Advertisement

 

 【ランナー1,2塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別26パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事