【ランナー二塁】ピッチャーゴロ(一塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー二塁】ピッチャーゴロ(一塁送球)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー二塁

 ピッチャーゴロ

 二塁ランナーが帰塁し、一塁送球

 

Advertisement

【概要】ランナー二塁、ピッチャーゴロ(一塁送球)

二塁ランナーが三塁進塁を焦るあまり、ピッチャーゴロで飛び出すケースが意外と多いです。

ですので、ピッチャーゴロを捕球したら必ず二塁ランナーの動きを確認するとともに、しっかり二塁へ帰塁させてから一塁に送球しましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

ゴロを捕球したら二塁ランナーの動きを確認します。

二塁ランナーが二塁へ帰塁しかけたら一塁に送球しましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

どこに送球するのか、ジェスチャーと大きな声で指示を出します。

本塁を空けることになるので、一塁送球のカバーリングに行く必要はありません。

守備図に戻る

ファースト

一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

ボールを捕球後は必ず二塁ランナーの動きを確認しましょう。

守備図に戻る

セカンド

セカンド寄りのゴロの場合、ピッチャーが打球を捕れないことがありますので、打球処理に向かいます。

ピッチャーが打球を捕球し、二塁送球が悪送球、または二塁ベースに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

ショート寄りのゴロの場合、二塁ベースに入り、二塁送球に備えます。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

ショート寄りのゴロの場合、ピッチャーが打球を捕れないことがありますので、打球処理に向かいます。

ピッチャーが打球を捕球し、二塁送球が悪送球、または二塁ベースに入ったセカンドがファンブルした場合に備えてカバーリングします。

セカンド寄りのゴロの場合、二塁ベースに入り、二塁送球に備えます。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球のカバーリングをします。

守備図に戻る

センター

ピッチャーが打球を取れず、かつ二遊間を抜けた場合(センター前ヒット)に備え前進します。

ピッチャーや内野手が捕球したことを確認したら、二塁送球に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

ピッチャーによる一塁送球が悪送球になった場合や、ファーストがファンブルした場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー二塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別30パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別33パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事