【ランナー1,3塁】キャッチャーゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,3塁】キャッチャーゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー1,3塁

 キャッチャーゴロ

 中間守備

 三塁ランナーは三塁へ帰塁

 

Advertisement

【概要】ランナー1,3塁、キャッチャーゴロ(中間守備)

ランナー1,3塁でキャッチャーゴロの場合、二塁に送球してセカンドゲッツーを狙ってもよいですが、打球位置によっては難しいことも多いです。ですので無条件でセカンドゲッツーを狙うのではなく、狙えるときだけセカンドゲッツーを狙うスタンスで構いません。

セカンドゲッツーが難しいと瞬時的に判断した場合、三塁ランナーが飛び出していたら、そちらをアウトにします。三塁ランナーが帰塁した場合は二塁封殺を狙い、それも無理なら一塁に送球しましょう。

このように柔軟な判断がキャッチャーには要求されますので、冷静になるとともに転がったゴロをしっかり捕球することが大切です。ゴロをファンブルしてしまうと慌てて冷静な判断が難しくなりますからね。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

まずは、ピッチャーも打球処理に向かいます。

キャッチャーが捕球する打球だと判断したら、三塁ランナーの動きを確認し、キャッチャーに送球の指示を出します。

守備図に戻る

キャッチャー

変な回転や強烈な回転をしている打球もありますので、必ずキャッチャーミットで打球の勢いを止めてから処理します。

目の前の打球なら、素早く二塁に送球しダブルプレーを狙います。

タイミング的にダブルプレーが難しい場合、まず三塁ランナーが飛び出していないかを確認し、飛び出しているようなら三塁に送球、または三塁ランナーを三塁に追い込みランダウンプレーに持ち込みましょう。

三塁ランナーが帰塁した場合は二塁封殺を狙い、それも無理そうなら一塁に送球し確実に打者走者をアウトにします。

守備図に戻る

ファースト

一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

セカンド

キャッチャーが二塁に送球したら、ショートによる一塁送球が悪送球になったときに備えてカバーリングします。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

キャッチャーの二塁送球に備えて二塁ベースに入ります。捕球後は素早く一塁に送球しダブルプレーを狙いましょう。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

三塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

センター

キャッチャーの二塁送球が悪送球になった場合や、ショートのファンブルに備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

ライト

一塁送球に備えてカバーリングに向かいます。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー1,3塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別33パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事