【ランナー1,3塁】ファーストゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

【ランナー1,3塁】ファーストゴロ(中間守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作

この記事では、以下の状況での打球処理とカバーリングの動きを解説します。

 ランナー1,3塁

 ファーストゴロ

 中間守備

 三塁ランナーが本塁突入

 

Advertisement

【概要】ランナー1,3塁、ファーストゴロ(中間守備)

このケースではダブルプレーを狙います。三塁ランナーはダブルプレーを防ぐため、囮(おとり)になってもよい覚悟で本塁に突入しますが、守備側はそれに惑わされないようにしましょう。

当然、ダブルプレーに失敗すれば1点を失いますので、守備側はいつも以上に正確なプレーが要求されます。

もし打球が弱く、三塁ランナーが本塁に突入している場合、本塁へ送球して三塁ランナーをアウトにしましょう。

 

守備フォーメーション


 各ポジションの動きはここからジャンプできます

ピッチャー  キャッチャー  ファースト  セカンド  サード  ショート  レフト  センター  ライト


ピッチャー

一塁送球に備えて一塁ベースカバーに向かいます。ピッチャーはファーストゴロに関わらず、一塁方向に打球が飛んだら一塁ベースカバーに向かうのが基本ですから、忘れないように!

ファーストが一塁ベースカバーに入れない場合は、そのままピッチャーが一塁ベースに入ります。

ファーストが一塁ベースカバーに入る場合は、送球の邪魔にならないようにそれましょう。

守備図に戻る

キャッチャー

送球すべき塁をジェスチャーと大きな声で指示します。

打球が弱く、三塁ランナーが本塁に突入している場合、本塁送球もありうりますので本塁に入ります。

守備図に戻る

ファースト

ゴロを捕球し、その後は以下のように動きます。

 

  • 打球が強い場合、3-6-3のダブルプレーを狙って素早く二塁へ送球
  • 打球が弱く三塁ランナーが本塁に突入している場合、本塁へ送球
  • 打球が弱く三塁ランナーが帰塁した場合、二塁封殺できれば二塁送球、それが難しい場合は一塁送球

守備図に戻る

セカンド

ファーストが打球を捕球できない場合や、後逸・ファンブルした場合に備えてカバーリングします。

ファーストがゴロを捕球したら、そのまま一塁送球に備えて一塁ベースに入ります。

守備図に戻る

サード

三塁送球に備えて三塁ベースに入ります。

守備図に戻る

ショート

二塁ベースに入り、二塁送球に備えます。

守備図に戻る

Advertisement

レフト

ファーストの二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

センター

ファーストに打球が飛んだ瞬間はライト前ヒットの可能性がありますので、まずはライト前ヒットに対するカバーリングのため、ライト後方へ向かいます。

ファーストがゴロを捕球した後、ファーストの二塁送球が悪送球になった場合や、二塁ベースカバーに入ったショートがファンブルした場合に備えてカバーリングをします。

守備図に戻る

ライト

まずは、ライト前ヒットの可能性がありますから、前進して捕球に備えます。

ファーストがゴロを捕球した後は、一塁送球が悪送球になった場合に備えてカバーリングします。

守備図に戻る

Advertisement

 

 【ランナー1,3塁】の解説記事一覧はこちら

打球方向別33パターン+まとめ記事

 

 他の守備フォーメーション記事一覧

打球方向別15パターン+まとめ記事

打球方向別22パターン+まとめ記事

打球方向別30パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別26パターン+まとめ記事

打球方向別25パターン+まとめ記事

打球方向別14パターン+まとめ記事


 ★ ブックマークにおすすめ♪ 

 

Advertisement

守備体系カテゴリの最新記事